ワートリ語り隊

ワールドトリガーの魅力を語ります!オススメマンガ紹介も!

『迅 悠一』の暗躍を語りたい【ワールドトリガー】

ワールドトリガーの主人公は修、ユーマ、チカ、迅さんの4人。

4人それぞれに抱える問題があって、

修は「トリオン弱者、持たざる者」

チカは「トリオンモンスターであるが故に、幼少期から狙われる被害者」

遊真は「近界民」ただそれだけで差別対象になることも。

 

特に迅さんの抱える問題の闇が深そうで、、、

 

迅さんの抱える問題とは「サイドエフェクト未来視」

未来が見えたら、嫌なことを回避できて、好きなことだけする人生イージーモードな気がしてしまう。

そんな気楽な力じゃないみたいですね。

自分だけじゃなくて他人の未来まで視えてしまうのがポイントみたいです。

例えば、ある人が交通事故に巻き込まれる未来を視てしまい、迅さんが何も行動しなかったとします。未来視通りに交通事故が起こり、交通事故に巻き込まれた人が死んでしまったら、迅さんはどう感じるでしょうか。予知を変えることができたのに行動しなかったことを後悔すると思います。

後悔をしないための行動が日常になり、趣味が『暗躍』となってしまってるんじゃないかと思ってます。

f:id:worldtrigger_kataritai:20181209220539j:image

(引用 : ワールドトリガー 第25話 葦原大介 / 集英社)

自他共に認めている状況なのがちょっと悲しい

 

迅さんの暗躍

どんどん迅さんの暗躍規模が大きくなって、ボーダーが頼りきりになって、責任や重圧が迅さんに集中しがち。泥沼化してる状態。

 

実際、迅さんがいなかったらどうなっていたかって状況がいっぱいあるんですよね。

正直、修、チカ、ユーマがいなくてもボーダー大勢に影響は少ない。迅さんいなくなったらボーダー滅亡の危機。

迅さんの暗躍があって、今の平和があるってくらい言えますね。

もう『玄界の柱』ってイメージ。

 

今回は迅さんの『暗躍』が無かったらどうなっていたか。迅さんがいて良かった〜っていうことを語っていきます。

 

 

大きめの暗躍

ボーダーにとっての大きな事件として、

イレギュラーゲート発生、黒トリガー争奪戦、大規模侵攻、ガロプラ襲撃があります。その全てで暗躍する迅さん。 

 

イレギュラーゲート発生

三門市で起こるイレギュラーゲートの原因究明に、迅さんが活躍!

 

厳密には、イレギュラーゲートを発生させるラッドを見つけたのはユーマですけど、その情報をいち早く仕入れ、ボーダーに伝達したのは迅さん。

未来視はもちろんだけど、迅さんの人望や信頼感があって、ラッド情報からボーダー全体を動かしてます。

 

この時まだ、ユーマはボーダーと接点が無く、迅さんが間に入らなかったら、ボーダーに情報が伝わらなかったかもしれない。

下っぱの修経由でボーダー上層部に情報が早急に回るとは思えないから、迅さんグッジョブ。

 

旧ボーダーの目的である近界民と玄界を繋ぐ役割を玉狛所属の迅さんが体現してるのもいいですね。

f:id:worldtrigger_kataritai:20181209223122j:image

(引用 : ワールドトリガー 第162話 葦原大介 / 集英社)

 

黒トリガー争奪戦

迅さんの暗躍と言えばこれでしょ。

ユーマのためを思っての暗躍。

 

城戸さん派のA級隊員をけちらして、箔をつけた風刃を取引に使って、ボーダーにユーマを認めさせる。

 

これを修達に気づかれないようにやるのが渋い。

城戸さん派のA級隊員けちらすために、レイジさん達に協力してもらうんじゃなく、忍田さん派の嵐山隊を使うのも、暗躍してるなって感じるがしますよね。政治的戦略のような感じで、これだけで、三竦みの派閥が一気に2対1になる。

 

嵐山隊の協力要請は、林道支部長経由?迅さんの直談判なのか?描写されてないところでも暗躍が多い。

 

大規模侵攻

暗躍はアフトクラトルがやってくる前から始まっている!

 

まずは、予知で大規模侵攻があることを察知

 

普通にチートよ。侵攻する側からすれば、たまったもんじゃないよ。侵攻なんて言ってみれば奇襲なのに事前に万全の準備されてますからね?冬島さんや鬼怒田さんが罠準備しまくってますから。

 

更に、主要メンバーと詳細な打ち合わせ。

三輪に風刃を託したり。

f:id:worldtrigger_kataritai:20181209225028j:image

(引用 : ワールドトリガー 第42話 葦原大介 / 集英社)

 

レイジさんとこそこそラーメン行ったり。

f:id:worldtrigger_kataritai:20181209231057j:image

(引用 : ワールドトリガー 第74話 葦原大介 / 集英社)

 

コソコソラーメンを嫉妬したとりまるにアドバイスしたり、

f:id:worldtrigger_kataritai:20181209230819j:image

(引用 : ワールドトリガー 第74話 葦原大介 / 集英社)

 

大規模侵攻前の準備は万端。これで本番は何もしなくて大丈夫。

 

ってわけにはいかない!

 

いざ、本番を迎えると、

・西区域を1人で任される。(途中から天羽と交代)

・状況を判断して、ユーマを連れて最前線へ。

・ヒュースを無力化、捕虜に

実力派エリートの仕事量は、ブラック企業レベル。

 

ヒュースを捕虜にできたことが1番のお手柄でしょうね。

このヒュースが今後の遠征や、玉狛第2に大きく関わってくるので。

 

城戸さん派や、忍田さん派が捕まえたら、玉狛入りはなかっただろうし、今ほど協力的になってなかっただろうな。

 

迅さんはここまで見越して、ヒュースと戦っていたのか?

見越してなかったら

ユーマ vs ヒュース、迅さん vs ヴィザになってた可能性もあっただろうから違った未来になってたかもしれない。

ヴィザが捕虜になってたら、オルガノン没収するだけで、玉狛第2入りはないかな。いかんせん、おじいちゃん過ぎる。

 

ガロプラ襲撃

まずは城戸司令のこと一言から見てもらいたい。

f:id:worldtrigger_kataritai:20181209231945j:image

(引用 : ワールドトリガー 第117話 葦原大介 / 集英社)

 

プレッシャーかけるね〜。当然のように城戸司令が無茶を言ってる。

そして、当然のように「もちろん」と答える迅さんカッコいい。

 

迅さんの役目は、近日中に攻めてくるガロプラかラドクルーンの目的を予想すること。

ボーダーや街の人たちの未来を視て、敵の動きを予想!

ぶっちゃけ超便利。そりゃ迅さんに頼りまくります。

 

大多数が頼りまくってる一方で、優しい言葉をかけられる嵐山さんさすが。その人が欲してる言葉を的確にくれるね。

f:id:worldtrigger_kataritai:20181210204323j:image

(引用 : ワールドトリガー 第117話 葦原大介 / 集英社)

嵐山さんみたいな人がいるから闇落ちせずに楽しく暗躍をしてる感はある。

 

襲撃当日の迅さんはと言うと?

・ガロプラ遠征兵を直接見て、未来予知

・風刃起動、超遠隔斬撃

・陽太郎の援護

 

これまた仕事しすぎ。

 

f:id:worldtrigger_kataritai:20181210230127j:image

(引用 : ワールドトリガー 第131話 葦原大介 / 集英社)

「この戦いはもうあと数分で決着がつく」って地味な予知だけどズルくない?余力全部出せるし、安心感しかない。

戦闘中なのに、とりまるやレイジさんもう余裕が現れてる。

 

小さめの暗躍

暗躍は大事件の時だけじゃない。趣味が暗躍って言うくらいですから日頃からちっちゃい暗躍をしてる!

 

くまちゃんに次の対戦相手教える

f:id:worldtrigger_kataritai:20181210213341j:image

(引用 : ワールドトリガー 第93話 葦原大介 / 集英社)

これには劇的な意味は無かったような気もする。単に迅さんがくまちゃんのことをひいきしてただけかな?

ボーダー全体の底上げも暗躍の1つ?

 

ヒュースとの賭け

f:id:worldtrigger_kataritai:20181210223312j:image

(引用 : ワールドトリガー 第111話 葦原大介 / 集英社)

 

これが後々効いてくる!

 

賭けの報酬として、ヒュースが迅さんに「オレをアフトクラトルへ送り届けろ」と頼むことができている。

賭けが無ければ、プライドの高いヒュースは、ボーダーに頼ることは無かっただろうな。

ヒュースが自身の力だけで、アフトクラトルに帰ろうとしたら、脱走や密航を企てて、玉狛支部の手に余る状況になっていたかもしれない。

 

暗躍というか人助け

f:id:worldtrigger_kataritai:20181210222623j:image

(引用 : ワールドトリガー 第1話 葦原大介 / 集英社)

修が勝手に警戒区域に入って、バムスターに食われそうになるところを迅さんが救出!

まぁ普通の防衛任務中の出来事ですよね。

この一瞬で、メガネの未来へ投資することを決めてるのだから暗躍と言えば暗躍かも。

そういえば、緑川もしれっと食べられそうになったところを迅さんに助けられてる。

 

未来視があっても救えなかった命

f:id:worldtrigger_kataritai:20181210230634j:image

(引用 : ワールドトリガー 第75話 葦原大介 / 集英社)

三輪の姉、迅さんの母親など、多くの人は、第一次近界民侵攻で亡くなっている。迅さんはの視えていた未来の最悪に近い結果になったと思います。

これがきっかけで、暗躍に力を入れるようになったのかも。

 

このようなことを経験してしまうと、迅さんの行動の芯には、後悔をしないためということが

ありそうです。結果、『暗躍』という形なって皆んなを守ってる。

f:id:worldtrigger_kataritai:20181210232451j:image

(引用 : ワールドトリガー 第85話 葦原大介 / 集英社)

迅さんと修の芯は、かなり近い。自分と似た後輩をほっとけないから、迅さんはメガネくんの面倒見がいいのかもしれない。

 

 

風刃仲間、『三輪』の記事はこちら