ワートリ語り隊

ワールドトリガーの魅力を語ります!オススメマンガ紹介も!

男に読んでほしい少女漫画『テラモリ』

f:id:worldtrigger_kataritai:20190106172203j:image

スーツ屋さんを舞台にしたお話『テラモリ』です。

主人公は真ん中の女の子。甘ちゃんで、オタクな女子大学生『高宮 陽ちゃん』が、アパレル仕事を通じて成長するお話です。

 

マンガワンで連載していた全10巻の少女漫画です。たぶん、少女漫画に属すると思います。少女漫画って聞いたら、敬遠する少年も多いと思いますが、僕は面白いと自信を持ってオススメできます。最近のマンガワンは、男子向け女子向けと、分けて掲載していますが、『テラモリ』の連載はマンガワンの割と初期連載だったため、男子向け女子向けの区切りが無く掲載され、僕は、少女漫画だと認識せず、自然に読んでました。

自然に読めた理由として、序盤はスーツ屋さんを舞台にしたコメディ要素が強く、恋愛要素が少ないからです。最初はお仕事系マンガです。『陽ちゃん』が、アルバイトとして、頑張る姿に感情移入した後で、恋愛に入っていくため、読みやすかったなぁと、読み終わった後でわかりました。

 

さて、男に読んで欲しい少女漫画と言うのは、単に読みやすいからだけじゃありません。

3つのポイントがあるから読んでほしいのです!

 

スーツ指南書として

舞台のスーツ屋さんがほぼ男性のスーツばかりを取り扱うため、入ってくるスーツ知識は男性寄り

実際、スーツの知識って、初めて買うまで知らないですよね?かと言って調べようとすると、スーツについて書いてあるサイトや本は堅いイメージがあって読む気にならない。

マンガだと『副店長』が『高宮』に対してコミカルにアルバイト教育をしながら、スーツ知識が入ってきます。

f:id:worldtrigger_kataritai:20190106224250j:image

(引用 : テラモリ 第1話 iko / 小学館)

スーツは奥深いので、このマンガだけで、スーツを知れるわけではないのですが、就活スーツを買う前の学生なら、スーツ入門書としてもあり!

スーツを買う前に読んどけば良かった〜ってマンガです。

マフラーやポケットチーフなど、アイテムの使い方なども軽くレクチャーしてくれます。テラモリで「ミラノ巻き」というマフラーの巻き方を教わり、それからはもっぱら「ミラノ巻き」です。「ポッター巻き」は卒業。

 

就活の心構えとして

女子大学生の『陽ちゃん』が就活で凄く悩んでいるので、自分に置き換えて共感できるところが多かったです。就活あるあるが多数ありました。

『陽ちゃん』は学生ですけど、多くの登場人物は、スーツ屋さんの社員さんです。『副店長』だって完璧ではなかったりするので、社会人の考え方とかも知れたりして、ちょっと意識高くなった気がします。

あと、このマンガに出てくる『副店長』や他の社員さんは、現実世界だと、間違いなくアタリ上司です。こういう働き方や考え方したいなぁ。というか本当にこういう上司ほしい。こういう環境で働きたい。

 

少女漫画として

さっきまで、スーツ指南書とか、就活とか、散々言って来ましたけど、結局は、『陽ちゃん』がどうなるか気になって仕方ないストーリーがいいんですよね。

ちょっと遅めの3巻くらいから「副店長大嫌い」のマイナス印象が変わっていく王道です。

ちょっと遅めから恋愛にシフトしていくのが、ちょうどいい。キャラクターとして、『陽ちゃん』『副店長』に愛着が出てから、恋愛に発展していきます。

 

ちなみ3巻までしか発売していない時に、先輩に『テラモリ』を貸したら、

「4巻まだ??」としつこく言われたのを覚えてます。

 

読みたい人はマンガワンへGOと言いたいのですが、掲載が終了してしまったので、書店へGOですね。

オススメですよ〜。

 

他のオススメマンガ